« 「ドキドキ!プリキュア」第36話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 「ドキドキ!プリキュア」第37話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

2013年10月14日 (月)

素敵じゃないか - 映画「陽だまりの彼女」感想(ネタばれ注意)

映画「陽だまりの彼女」を鑑賞した。

原作は2年前に読んでいる。だから話の筋は分かっているが、どんな演出がなされるのか非常に興味を持って映画館に出かけた。

私は映画を語れるほどではないので、簡単にインプレッションをば。

途中までは本当に幸せなラブストーリーであることは原作と同じ。浩介役の松本潤と、真緒役の上野樹里は、派手さはないけれど、幸せで可愛らしいカップルを演じていた。この辺は原作よりも抑えた感じがした。

しかし、この物語の真価は急展開を迎える終盤だ。いろいろな書評を見ると賛否両論のある原作の終盤がどのように描かれるかが、私の最大の関心事だった。

原作では、浩介は姿を消してしまった真緒とその周辺の記憶をなくしていない。最終的には「生まれ変わった真緒」と再会するが、それだけに、ある意味「残酷」な結末とも言えなくもなく、ここが賛否の分かれるところだった。

映画ではここを大きく変え、周りは記憶をなくしていくのだけれども、ぎりぎりのところで真緒と最後のデートをすることができ、最終的には記憶がなくなってしまう。ただ、クリスマスのバーで「素敵じゃないか」が流れてきた時に涙を流す演出があって、ここは解釈が分かれるところだと思う。

だがこれは、浩介の自分の分からない潜在意識が「覚えている」程度で基本的には記憶をなくしたと私は考えている。「真緒」のつけた手の傷跡が残っているのも、真緒が「自分を忘れてほしくない」という願いがそうさせているのかもしれないと考えた方が、ファンタジーっぽくて良いではないか。

私はこうした映画の終盤の展開には満足している。最後に猫を介して出会った女性については、上野樹里が演じているので見ている私たちは真緒だと思うが、果たして本当に「真緒」なのかは結局分からないので、原作よりミステリーでファンタジーだと思う。

・・・やっぱりうまくまとまらない。

原作でも二人をつなぐ重要な役割を果たしていたビーチボーイズの「素敵じゃないか」が、映画においても非常に効果的に使用されていた。基本的には陽気な曲調なのだが、なぜか切ないシーンにぴったり合う。流れるたびに涙腺が緩んでしまった。

派手ではないが、心にしみる切ないラブストーリーだった。

« 「ドキドキ!プリキュア」第36話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 「ドキドキ!プリキュア」第37話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/58385050

この記事へのトラックバック一覧です: 素敵じゃないか - 映画「陽だまりの彼女」感想(ネタばれ注意):

« 「ドキドキ!プリキュア」第36話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 「ドキドキ!プリキュア」第37話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック