« 読書メモ:8月下旬から10月中旬に読んだ3冊 | トップページ | 「ドキドキ!プリキュア」第38話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

2013年10月27日 (日)

「映画ドキドキ!プリキュア マナ結婚!?未来につなぐ希望のドレス」を見てきました。

恒例のプリキュア映画を見てきました。短いですがインプレッションを記したいと思います。

マナの優しさと強さの源である「愛」は、おばあちゃんから受け継がれたものだったのですね。「愛」というものは世代を超えて受け継がれ、大きく育っていくものだということがテーマだったと思います。また、誰かに見守られているという「愛」というものを意識することは大事ですね。

過去という「甘さ」にとらわれて抜け出せない、という弱さは私にも当てはまることです。そんな弱さを、「完璧超人」であるマナが持っていたということも新しい点だったと思います。

シャルルたち妖精がプリキュアを助けようと大活躍したのも見どころです。敵役「マシュー」の声を当てた谷原さんも良かったです。

非常に優しい映画だったと思います。

« 読書メモ:8月下旬から10月中旬に読んだ3冊 | トップページ | 「ドキドキ!プリキュア」第38話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/58463565

この記事へのトラックバック一覧です: 「映画ドキドキ!プリキュア マナ結婚!?未来につなぐ希望のドレス」を見てきました。:

« 読書メモ:8月下旬から10月中旬に読んだ3冊 | トップページ | 「ドキドキ!プリキュア」第38話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック