« 「ドキドキ!プリキュア」第43話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 「ドキドキ!プリキュア」第45話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

2013年12月15日 (日)

「ドキドキ!プリキュア」第44話 ベリーベリーベリーショートインプレッション

レジーナが「扇子の要(マナ)がなければプリキュアはバラバラになる」と、「生徒会長スピーチコンテスト」なる姦計を使ってマナをおびき出し、他の4人と引き離す作戦に出ました。

六花は、マナがいなくなった分、自分が頑張らなければ、と生徒会の仕事を頑張りますが、やはりどうしても滞ってしまいます。しかし、ところどころに貼られたマナのメモに励まされます。いままでどれだけマナに助けられてきたかを改めて思い知らされると同時に、「いつまでもマナと一緒にいられるわけではない」と頑張る決意をします。

一方で、マナはおりに閉じ込められてしまいました。変身して出ようと格闘しているところに、懐かしい声が。

クリスマスパレード会場で楽しく遊ぶ4人。しかし、マナがいないとやはり寂しさは隠せません。そこへレジーナたちが襲撃します。しかし、マナがいないと弱いと踏んでいたのに、そんなことはなく、レジーナたちは追いつめられます。ダイヤモンドたちは、マナのことが好きだからこそ、「マナとは離れていても離れない」から強いのだと説きました。

逆に、ダイヤモンドは「レジーナもマナのことが好きなんでしょう?」と問い詰めます。レジーナは初めは否定しますが、それは照れ隠しで、本当は好きなのだと告白します。それをいつの間にか脱出したハートが聞いていました。ハートはもちろん喜び、一気にレジーナとの距離を詰めます。眼の色が青に変わり、一瞬だけ素直になったように見えたレジーナでしたが、「マナにはみんながいるのに、パパには自分しかいない」と、二つの「愛」の間で苦しみます。その時、キングジコチューのレジーナを探す声が聞こえて、レジーナはまたキングジコチューのもとへ帰るのでした。

さて、マナを救出したのは、ジョー岡田ことジョナサンでした。

今まで亜久里を除く六花・ありす・真琴は、マナがいないと何もできないところがありました。マナの求心力が強すぎたように思えます。しかし、一緒に戦っていく中で自らを高め、マナがいなくても頑張れるようになれました。そして、マナはその4人をさらに大きく包み込む「愛」を発揮できる人物に成長しました。その「愛」は再びレジーナを包もうとしています。

レジーナは、キングジコチューに闇堕ちさせられていても、マナへの気持ちが変わりませんでした。ただ、「父」であるキングジコチューとの「二者択一」を迫られて苦しみ始めています。マナの「愛」とレジーナの「愛」の違い。ここに、本作が説く「愛」の本当の意味が隠れているように思います。

長いこと行方をくらましていたジョー岡田が復帰しました。神器の最後の一つ「エターナル・ゴールデン・クラウン」が見つかったとのこと。次回のタイトルを見ると、訳ありとみられているレジーナとエースこと亜久里の対決もありそうです。

« 「ドキドキ!プリキュア」第43話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 「ドキドキ!プリキュア」第45話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/58760206

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドキドキ!プリキュア」第44話 ベリーベリーベリーショートインプレッション:

« 「ドキドキ!プリキュア」第43話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 「ドキドキ!プリキュア」第45話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック