« 「ドキドキ!プリキュア」第47話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 「ドキドキ!プリキュア」第49話(最終回) ベリーベリーベリーショートインプレッション »

2014年1月19日 (日)

「ドキドキ!プリキュア」第48話 バリベリーベリーショートインプレッション

キングジコチューとの最終決戦、いや、国王を取り戻す戦いでした。

自分が盾になって他の仲間を先に行かせる、という展開はプリキュア伝統の戦い方ですね。それに加えて、今回の戦い方は「巨大化ランス」などギャグもちりばめられていて、新しい演出だと思いました。小さいお友達にとっては、怖がることなく、笑顔でプリキュアを応援できたと思います。

マナにとっては、「キュアハート」であることよりも、「大貝第一中学生徒会長」であることが、揺るがないアイデンティティなんですね。それがTV中継されてしまったことで、正体が家族や学校の仲間にばれてしまうことになりました。そうすれば一緒に戦っているのは、六花たちマナの友達だとすぐに分かります。四葉財閥をもってしても、隠しおおせることができなくなった、とセバスチャンがつぶやいたことは、第2話を思い出させてニンマリでした。また、「なんちゃら秘密なんちゃら法」をちらつかせるどこぞの政府を揶揄しているように思えたり。

国王が家族(王女)への愛と平和を天秤にかけたことについて、どう「答え」を出すか注目していましたが、「家族の愛へは自己中なんかではない。それを利用しようとする方が悪い」と明確にしました。世界中で紛争が絶えませんが、為政者や権力者に聞かせたい言葉です。

クラスメイトや町中の声援を受けて、プリキュアはキングジコチューを倒し、国王を救出することができました。しかし、闇の力の残骸をベールが飲み込んでしまいました。ベールは自分の野望を達成したわけですが、マナたちプリキュアはどう決着をつけるのか、最終回を見届けたいと思います。

« 「ドキドキ!プリキュア」第47話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 「ドキドキ!プリキュア」第49話(最終回) ベリーベリーベリーショートインプレッション »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/58971716

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドキドキ!プリキュア」第48話 バリベリーベリーショートインプレッション:

« 「ドキドキ!プリキュア」第47話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 「ドキドキ!プリキュア」第49話(最終回) ベリーベリーベリーショートインプレッション »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック