« 「ハピネスチャージプリキュア!」第8話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 「ハピネスチャージプリキュア!」第10話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

2014年3月30日 (日)

「ハピネスチャージプリキュア!」第9話 ベリーベリーベリーショートインプレッション

めぐみとひめは先日の戦いに敗れてしまったことでずっと落ち込んでいました。また、フォーチュンが言い放った「プリンセスのことを信用してはいけない」という忠告にも、めぐみはずっと気にかかっていました。それについてひめに聞くのですが、ひめも、なぜかリボンまで何か引っかかることがあるようですが、ごまかしました。ブルーによると、フォーチュンは自分が力を与えたプリキュアではないようです。ブルー以外にも、プリキュアの力を与えることのできる存在がいるのですね。

フォーチュンを見返すためにも、強くならなければいけないとリボンに言われた二人は、体を鍛えることにしました。そこでジョギングを始めます。途中、同じようにジョギングしていたゆうこに出会います。ただ、ゆうこのペースは非常にゆっくりしたものでした。ゆうこに「ジョギングはロング・スロー・ディスタンス」と言われますが、早く強くなりたい二人は、ペースを上げたままです。でも、やはり早々にへばってしまいました。

そんな時に、やはりジョギングをしていた誠司に出会います。どうしたら強くなれるかを聞いた二人は、誠司に空手道場に連れて行かれます。そこはいおなの祖父が開いている道場でした。いおなは強いようです。それを憧れの目で見ていた女の子がいました。かずみです。

二人は道着に着替え、誠司に指導を仰ぎます。最初は防御の型から教える、と言われて、二人は攻撃がいいと不満を言います。防御を覚えてから攻撃の道が開けると言われて、しぶしぶ防御の型を繰り返す二人。それでもへばってしまいます。でも、いおなのかっこいい型を見て、あんなふうになりたいと思うのでした。

誠司はなぜ強くなりたいのか聞きますが、敵をぼっこぼっこにしたい、そしてフォーチュンを見返したい、と言うひめ。そんな理由では攻撃は教えられないと誠司に言われてしまいます。

着替えている時に、いおなへの憧れを口にしていると、かずみがそれに激しく同意しました。早くパパーッと強くなりたいと冗談を言っていると、なぜかそこにゆうこがやってきました。配達の途中に、二人がここに入っていくのを見たとのこと。そして、お決まりのように、「アメなめる?」。三人がそのおいしさにメロメロになっていると、かずみが明日、昇段試験を受けると言いました。

一方で幻影帝国の三幹部。オレスキーは、ナマケルダとホッシーワが努力しないので、自分が引き立つと訳の分からない理屈を述べています。そして、やる気がみなぎっている氷川道場に目をつけるのでした。自分を脅かすやる気は早いうちに摘み取らなければならない、という理由だそうです。

翌日、昇段試験を前に不安を口にするかずみを二人は励まします。少し元気になったかずみは、道場の裏で練習をしようとしました。そこへオレスキーがやってきて、かずみを鏡に閉じ込め、サイアークを召喚してしまいました。

襲われる道場。誠司がみんなを避難させているうちに、めぐみとひめは変身します。オレスキーの前に立ちふさがったラブリーとプリンセスは、オレスキーに、フォーチュンがいなければ、ちょろいもんだと言われてしまいます。気合いで頑張ろうとする二人。ラブリーが再び「目からビーム」!ビームを放つ自分も眩しい、というギャグ(笑)。

それでもチョイアークはきりがありません。プリンセスは「シャーベットバレエ」にフォームチェンジ。アラベスクシャワーでチョイアークを倒します。次にサイアークに挑む二人。キックやパンチなどが決まって、今度はいけると踏んだ矢先、サイアークのフェイント攻撃を、プリンセスをかばおうとしたラブリーがまともに食らってしまいました。プリンセスの油断がこの事態を招いたとオレスキーに言われてしまいます。

このままではフォーチュンに言われたままになってしまうと、プリンセスはやみくもに弾丸マシンガンを放ちますが、全く歯が立ちません。反撃を食らって、プリンセスが弱気になってしまったその時・・・

「いただきますとごちそうさま♪」「幸せごはんで今日もハピネス♪」というなんだか不思議な歌が聞こえてきました。黄色いプリキュアの登場です。この歌、「ご飯が最高」ということしか歌っていないのですが、オレスキーも含めて、周囲を和ませてしまいます。もうこの場面は非常にシュールでした(笑)。「ああ、ごはんはおいしいな~♪」「夢が大盛りてんこ盛り♪」

この歌に元気を得た二人は、サイアークの再びの攻撃を、今度は防御の型で防ぐことができました。そして、ツインミラクルパワーシュートで浄化することができました。

二人は黄色いプリキュアにお礼を言います。名を聞くと「私はキュアハニー。おなかいっぱい、幸せいっぱいがモットーだよ」と去って行きました。

かずみはいおなに憧れているだけではだめだと、試験を頑張ることに決めました。

一方でめぐみとひめは、ハニーの歌が癖になってしまったようでした。

今日も盛りだくさんでした。今作は主人公格のプリキュアが絶対の強さを持っていないところが新機軸だと思います。そして、あのキュアハニーの歌は癖になってしまいます。歌詞だけ聞けば、あのお店のテーマソングみたいですね。

また、フォーチュンにしろ、ハニーにしろ、ブルーの知らないところでプリキュアの力を得ているというのが今後の展開のカギになりそうです。さらに、めぐみとひめは二人の正体が分かっていませんが、フォーチュンとハニーにはラブリーとプリンセスの正体が分かっているようなのも気になるところです。

◆プリキュア10周年記念メッセージ:キュアリズム

満を持してスイプリからの登場です。去り際が「たおやか」でした。

« 「ハピネスチャージプリキュア!」第8話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 「ハピネスチャージプリキュア!」第10話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/59379737

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハピネスチャージプリキュア!」第9話 ベリーベリーベリーショートインプレッション:

« 「ハピネスチャージプリキュア!」第8話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 「ハピネスチャージプリキュア!」第10話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック