« 読書記録:2月下旬から4月中旬までに読んだ3冊 | トップページ | 「ハピネスチャージプリキュア!」第14話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

2014年4月27日 (日)

「ハピネスチャージプリキュア!」第13話 ベリーベリーベリーショートインプレッション

今日はちょっとあらすじを追うのがいろいろな意味で辛い回でしたので、感じたこと、今後の伏線らしいことをまとめるだけにしたいと思います。

冒頭、サハラ砂漠のプリキュア「キュアナイル」が「プリキュアハンター」ことファントムと戦うシーン。敗れて鏡に閉じ込められてしまいました。ハピプリは全体的にギャグ色が強く、忘れ去られがちではあるのですが、実際は幻影帝国に地球は侵攻され、各地が「戦場」になっていて、こういう犠牲がいたるところであるということを改めて思い起こさせられました。あるいは、こういう「シリアス」な背景があるので、ギャグを多めにしているのだと思います。

クイーンミラージュの「過去」と思しきシーンも、夢という形で描かれました。どうやらぴかり神社の巫女だったようで、お祭りの伝説で「神様と恋に落ちた」という女の子は彼女のことだったようです。しかも、その相手はブルーに間違いないようです。どういう経緯で二人は引き裂かれ、彼女は闇堕ちし「アクシア」に封印されてしまったのか、今後の謎解きの要になるでしょう。

ファントムは今までの幹部とは実力が違いすぎます。サイアークを暴れさせるのではなく、自ら戦ってプリキュアを倒してしまいます。ブルーとの間に何らかの確執があることは間違いなく、それはクイーンミラージュがらみであることは想像できます。ブルーとの間でミラージュを取り合ったのかもしれません。

キュアフォーチュンは、ブルーがプリキュアにしたのではないことが、以前語られていましたが、その力は姉から受け継いだものでした。彼女の姉は「キュアテンダー」として活動していましたが、ファントムに敗れてしまったようです。そういう意味で、ファントムは直接の「仇」であるわけです。

フォーチュンは今回ラブリーと戦うことで、一人で戦うより二人で戦うことの方が、大きな力を発揮できることを知りました。しかし、これから一緒に戦おうというラブリーの誘いを断ります。プリンセスことひめによほど「恨み」があるのでしょう。いろいろなところで推測されていますが、幻影帝国との戦いになったのは、ひめが何らかの「過ち」を犯してしまったことは間違いなく、これも今後のカギとなりそうです。

ブルーは、ミラージュとのことも含め、全ての責任は自分にあると考えているようです。最後のシーンで、ブルーはめぐみを抱きすくめますが、確実にブルーの中で、めぐみの存在が大きくなっていることは想像に難くありません。めぐみの底抜けの明るさ、ともすると自分を犠牲にしかねない献身的な優しさが、ブルーの心を解きほぐしていくことでしょう。ただ危ないことに、めぐみ自身も今日のことがあったことで、ブルーに惹かれていくと思われ、ミラージュのような「悲劇」にならないことを祈るばかりです。

「悲劇」と言いましたが、もう結末に向けて、大体想像できる「別れ」は確実に一つはあることは分かっているのですよね。晴れて幻影帝国との戦いが終わった暁には、ひめの故国は解放されるわけですが、王女であるひめは国に帰らなければなりません。無二の友達となっためぐみとの別れは今から想像できるわけで、そういった意味でも、冒頭の戦場である地球という現実などと合わせて、ハピプリは結構シリアスなものを含んでいると感じるのです。

次回はプリキュア放送通算500回だそうです。積み上げてきたものの大きさに負けないようなハピプリの展開を期待したいと思います。

◆プリキュア10周年記念メッセージ:キュアミント

ずいぶんいたずらっぽい感じのミントさんでした。

« 読書記録:2月下旬から4月中旬までに読んだ3冊 | トップページ | 「ハピネスチャージプリキュア!」第14話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/59537775

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハピネスチャージプリキュア!」第13話 ベリーベリーベリーショートインプレッション:

« 読書記録:2月下旬から4月中旬までに読んだ3冊 | トップページ | 「ハピネスチャージプリキュア!」第14話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック