« 「ハピネスチャージプリキュア!」第31話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 「ハピネスチャージプリキュア!」第33話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

2014年9月14日 (日)

「ハピネスチャージプリキュア!」第32話 ベリーベリーベリーショートインプレッション

独特な演出が光った回でした。

以前よりよく笑うようになったいおな。そんないおなに突然の告白。それに戸惑ういおな。告白してくれた裕哉とデート(といっても集団デートですが)に行ったのはいいものの、どうしてもぎこちなくなってしまい、そこから逃げ出してしまういおな。サイアークにされてしまった裕哉を助けたい、そして彼の思いを受け止めて守りたいと強く願った時のイノセントフォーム発動。

特に口へのクローズアップの多用、抑えたBGM、たった8分しかないAパートと残りBパートとのバランス、幻影帝国と向き合った時のセピア色の画面と解決した時の画面の鮮やかさとの対比。

どれをとっても丁寧で、重厚な作りが非常に印象的でした。

私はよく分からないのですが、今回の演出は、結構「巨匠」と言われる方のようです。物語のクライマックスに向かってギアを入れるためには、非常に効果的だったと思います。

ただ、これまでの展開とは異なる部分が出てきたことが象徴的でした。あれだけ「恋愛禁止」を徹底してきたブルーに明らかな変化がありました。以前なら、告白で浮かれるプリキュアたちをたしなめるところでしたが、今回は笑って見守っています。「一貫性がない」と批判される態度ではありますが、ブルー自身も、好きだったミラージュに再び向き合おうと決意した時から、心境が変化したのでしょう。

また、イノセントフォームのシルエットが、どことなくミラージュのシルエットに似ていると思うのは気のせいでしょうか。ミラージュも昔はプリキュアで、シャイニングメイクドレッサーの加護を受けていたことから、ミラージュもイノセントフォームに覚醒していた可能性があります。

今後、一人一人がイノセントフォームに覚醒していくドラマが展開されていくことでしょう。今回のフォーチュンのきっかけは「誰かの思いを守りたい」という気持ちからでした。他のメンバーのきっかけが何になるのか注目していきたいですが、来週いきなり「通常運転」で、めぐみが何かやらかしそうです。めぐみにとっての「イノセント」というのは、なかなか見つからないような気がして、心配です。

◆プリキュア10周年記念メッセージ:キュアソード

中の人の宮本佳那子さんは長期休養中です。この収録自体は、ASNS3直後くらいに行われたそうなので、ソードの「欠席」は免れましたが、どことなく元気がないようにも聞こえました。早く元気になって、戻ってきていただきたいですね。

« 「ハピネスチャージプリキュア!」第31話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 「ハピネスチャージプリキュア!」第33話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/60314384

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハピネスチャージプリキュア!」第32話 ベリーベリーベリーショートインプレッション:

« 「ハピネスチャージプリキュア!」第31話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 「ハピネスチャージプリキュア!」第33話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック