« 「ハピネスチャージプリキュア!」第33話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 「ハピネスチャージプリキュア!」第35話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

2014年9月28日 (日)

「ハピネスチャージプリキュア!」第34話 ベリーベリーベリーショートインプレッション

ひめが初めての文化祭に張り切る回でした。

ひめは変わりましたね。率先して自分から何か手伝えることはないかと動いていました。

ただ、上手くいかないと放り投げてしまうクセが初めの方は出ていましたが、生徒会長と一緒にポスター貼りをしたことから、意識も変わっていったように思います。

みんなと一緒に作った入門ゲート。それをサイアークに壊されそうになった時、必死に守ろうとしました。その入門ゲートこそ、「みんなの思い」の象徴。まだまだ非力だけど、勇気は小さいけれど、そのみんなの思いを守りたくて、プリンセスはイノセントフォームに覚醒できたのです。

イノセントフォームは、「誰かの思いを守りたい」と強く願った時に発動するもののようです。次回はハニーが覚醒するようですが、あれだけ既に慈愛あふれるゆうゆうにとってのイノセントとは何か注目です。

それにしても、ラブリーのイノセントフォーム覚醒は、映画に間に合わないことになりました。ラブリーには映画のためのスペシャルフォームはあるようですが、他の3人のイノセントフォーム演出があるのでしょうか。主人公なのになかなかシビアです。めぐみは一人だけイノセントフォームになれないことで、悩んでしまう重い展開が予想されます。

----

OPが秋映画のネタばれバージョンに変わりました。映画と本編と映画CMが連動する演出(ひめが憧れる王子様のイメージ)が新しかったです。

また、ひめがいおなに手伝いを申し出たり、反対にいおながひめにアドバイスしたり、特別に占ってあげたりするところは、印象に残りました。二人は本当に和解できたのですね。

細かい話ですが、文化祭でめぐみたちの開いている喫茶店の看板をぶら下げている教室のプレートが「3-2」でした。文化祭のために特別に違う教室が割り当てられているとも考えられなくもないですが、いつの間に3年生に進級したのでしょう。「友達100日記念日」というのを相当序盤にやりましたから、春の時には既に3年生だったとか?

◆プリキュア10周年記念メッセージ:キュアホワイト

やはりトリはブラックと対のホワイトでした。礼儀正しい挨拶が彼女らしいです。

・・・と言っていますが、来週の挨拶はハニーという噂があるようです。現役組は500回記念回でやりましたが(半分おちゃらけでしたが)、改めて一人ずつやることになるのかな?

<追記>

朝日放送のHPはハニーの3Dモデルがもらえると書いてあるだけで、別にメッセージをハニーが言うとは書いてないですね。多分ないですね。

また、プリキュアラジオのキュアパブリーのコーナーで、ひめがポスター貼りを手伝う生徒会長は「假屋崎先輩」と言っていました。ということはひめたちは3年生ではないのか??

« 「ハピネスチャージプリキュア!」第33話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 「ハピネスチャージプリキュア!」第35話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/60389954

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハピネスチャージプリキュア!」第34話 ベリーベリーベリーショートインプレッション:

« 「ハピネスチャージプリキュア!」第33話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 「ハピネスチャージプリキュア!」第35話 ベリーベリーベリーショートインプレッション »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック