« 「Go!プリンセスプリキュア」第4話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 私の秘密(1)(「ハピネスチャージプリキュア!」アフターストーリー2) »

2015年3月 1日 (日)

「Go!プリンセスプリキュア」第5話 ベリーベリーベリーショートインプレッション

本日も出掛けていたので、ほんのちょっとだけ。

きららが二週にわたってフィーチャーされました。前回、プリキュアになるのを拒んだきららをはるかがどう説得するか、きららがどう受け入れるのかが気になるポイントでしたが。。。

はるかはもちろん、きららを誘いますが、きららはさすがにトップモデル。忙しいからプリキュアをやっている暇はないと、あしらわれてしまいます。しかし、きららは自分のスケジュールに付き合うよう、はるかを誘いました。

きららのスケジュールに付き合うことで、きららがどれだけ大変な努力をしているかをはるかは思い知らされます。そこで、本心は一緒にプリキュアをしてほしいけれど、それを邪魔することはできない、ときららの言い分を受け入れてしまうのでした。

しかし、それによって、逆にきららの調子が狂います。オーディションでのはるかのアドバイスのことを思い出しては、心がかき乱されてしまうのでした。

オーディション合格の通知をうけたきらら。しかし、外ではフローラとマーメイドが苦戦していました。

物語の王道としては、断ってしまうところでしたが。。。

なんと、きららは自分からプリキュアをすることを選んだのでした。そして、みなみにも「みなみん」という呼び名をつけて、友達宣言をするのです。

----

きららは今までの黄色キュアとは一線を画す子ですね。そして、自分が200%頑張ればよい、という理論ですが、非常にメンタルが強いです。

もちろん、地の強さだけではありません。恐らく、みなみと同様に、はるかのように自分の懐にすっぽり入ってくるような友達が今までいなかったと想像されます。心の奥底では、寂しさもあったのかもしれません。

私のような豆腐メンタルは、プリキュアのような強さに憧れます。だから、私はプリキュアが好きなのだと、改めて思いました。

さて、3人がそろいました。これまで、構成の田中仁さんが一人で脚本を仕上げていました。しかし、これによって基礎ががっちり固まった印象があります。これから、各話担当の脚本家さんたちが、どういう「料理」を見せてくれるでしょうか。楽しみにしたいと思います。

« 「Go!プリンセスプリキュア」第4話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 私の秘密(1)(「ハピネスチャージプリキュア!」アフターストーリー2) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/61215641

この記事へのトラックバック一覧です: 「Go!プリンセスプリキュア」第5話 ベリーベリーベリーショートインプレッション:

« 「Go!プリンセスプリキュア」第4話 ベリーベリーベリーショートインプレッション | トップページ | 私の秘密(1)(「ハピネスチャージプリキュア!」アフターストーリー2) »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック