« 「ハピネスチャージプリキュア!」アフターストーリー4改訂版【ふたりのないしょばなし】 ― 氷川いおな & 白雪ひめ ― | トップページ | 踏ん張る。 »

2016年1月24日 (日)

休職となりました。

昨年のハピプリアンソロのために書いたショートストーリー(但しページ超過のため未掲載)をここに載せてから4か月間、全く更新しておりませんでした。今回重い腰を上げてこの記事を書くのには理由があります。

会社の事業再編により新会社に移籍した一昨年以降、将来に対する漠然とした不安(としか言いようがない)から、ずっと以前から脆弱ではあった精神状態がもっと不安定になる状況が断続的に続いていましたが、昨秋から一気に悪化し、まともに出勤できないようになりました。はい、アンソロに参加したレイフレ前後くらいからです。

初めは月に2回ほどだったのも、だんだん毎週となり、ついには月の半分は出勤できなくなり、有給休暇も底をついて、本当に「欠勤」になりました。

それでも98年に1か月、10年に4か月休職したこともあって、できるなら休職したくなく、しかもその理由もはっきりと説明できるものではないため、我慢してきました。しかし、あんなに好きだったアニメ鑑賞も昨年夏期クール後半から全く鑑賞できなくなったことに代表される気力の欠如に加え(それでも映画鑑賞はなんとかできましたが)、だるさ、異常発汗、下痢といった自律神経失調的な症状が顕在化し、出勤できてもまともな仕事もできない状態となりました。もうダメと観念し、先日の火曜日に主治医に診断書を書いて頂き、翌水曜日に職場へ報告・残務の引継ぎ、木曜日から休職となりました。

診断は「うつ状態で3か月の休養を要する」。復職してからある程度期間を置かないと同一病名での休職は通算されてしまうという、再発しやすい精神疾患には問題のある制度への配慮からか「うつ病」という診断とはなりませんでした。「病気」ではないとはいえ、日常生活にはかなり支障をきたしていることには変わりがありませんし、実際に主治医には診断書を書いて頂く前から休職を勧められていました。

本来ならば帰省できる実家がある場合はそこで休養するのが原則で、実際10年の休職ではそうしていました。しかし帰省しても、私の好きなアニメ鑑賞や、こうしたネットでの情報収集や交流ができない環境であることに加え、こうした「趣味」に両親が全く理解してくれないことから、かえってストレスになることを産業医も勘案してくださり、一応、このままアパートで過ごすことを基本としました。

まずは、生活を立て直すことから始めようと思います。出勤しなくてもよくなったとは言え、木曜日と用事のあった金曜日はともかく、昨日と今日はまだ調子が悪いのを引きずっていて、特に今日は一日動けず布団の中でした。でも、私も今年4回目の「年男」ということもあり、いい加減、自分自身を自分自身の力で律しなければなりません。笑われるとは思いますが、私のいちばんダメなところはそこです。今日はここで筆をおきますが、明日は決意表明をしたいと思います。

« 「ハピネスチャージプリキュア!」アフターストーリー4改訂版【ふたりのないしょばなし】 ― 氷川いおな & 白雪ひめ ― | トップページ | 踏ん張る。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/63114480

この記事へのトラックバック一覧です: 休職となりました。:

« 「ハピネスチャージプリキュア!」アフターストーリー4改訂版【ふたりのないしょばなし】 ― 氷川いおな & 白雪ひめ ― | トップページ | 踏ん張る。 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック