« 本当の「自分」が分からない | トップページ | リワーク(復職支援)プログラム第8週目 »

2016年7月 7日 (木)

リワーク(復職支援)プログラム第7週目

どんなブログシステムでもそうだとは思うが、この「ココログ」には「管理者機能」として、アクセスログを表示・分析できる機能がある。私のページにアクセスしてきた端末のIPアドレスはもちろんのこと、そのIPアドレスはどこのプロバイダや組織のものなのかや、端末の種類(単にPC・スマホ・タブレット・ガラケーなどの大きなくくりだけでなく機種名まで)やOS・ブラウザの種類なども分かるようになっている。

4日にあのようなとっ散らかったコラムをアップした翌日の5日、帰宅してシャワーを浴び洗濯機を回している時に、上司から電話があった。通所する前は1週間に一度くらいは電話があったが、通所を始めてからは、何か周知しなければならないようなことについてメールがある程度で電話がなかったので、びっくりした。

現在の私の調子を聞くのが目的だったようだ。だから私は、4日のコラムに書いたような話をし、予定の3か月は確実にオーバーするだろう、ということは伝えた。上司は職場のいろいろなことも伝えたかったようだが、不安が大きくなるから、ということでそれはなかった。

今の会社の設立母体となった親会社同士が大喧嘩を始めたことは知っている。ただ問題は、私の所属する職場についてであり、システム統合が終わったので、正直、もう仕事がない。また、昔から成績の悪い工場なので、親会社からは常に目をつけられ、プレッシャーをかけ続けられている。通例として下期には大規模な職制改正や人事異動があるので、工場自体の規模の縮小を迫られている危険性はあるし、身近なところで言えば、私の知らない(私のことを知らない)誰かが上司となる(他工場(元親会社)から異動になる)可能性や、転勤を伴う大規模な異動がある可能性が高い。

そういう事実かどうかも分からないことを想像してしまって、電話が終わった後不安が増大してしまい、仕方がないので頓服の抗不安剤を服用し、それで一息ついた。だからといって、そこで聞かされていたとしても、同じように不安が増大するだけだろうから、結果としては同じなのだろうけれども。

これが私の「病気」のいちばん厄介なところなのだ。周囲の状況の、特に悪い方向への変化とその気配に敏感で、それを吸収しすぎてしまって、「自分」を保てなくなる。私は私自身を、外界と自我との「境界線」があいまいで、しかも外界からの刺激だけを内側の自我に取り込んでしまう、いわば「半透膜」のようなものだと認識している。

このようなことと冒頭のアクセスログの話とはどういう関係があるのか、というと次の通りだ。上司からの電話が、4日にあのようなコラムを上げた後のタイミングだっただけに、少し不思議だった。だが、ログを見て判明した。職場でお世話になっている(今のアパートへの引っ越しや6年前の休職でもかなりご迷惑をおかけした)先輩のものであろう端末からのアクセスが5日の早朝にあったのだ。それまではアクセスを控えていらっしゃった(ようだ)。しかし先輩は、私の様子を知りたくなって久しぶりにアクセスし、本当にたまたま4日のコラムを読んでしまって心配し、上司に報告して下さったのだろう。Iさん、ご心配とご迷惑をおかけして本当に申し訳ありません。そしてありがとうございます。

その後は薬の効き目もあって落ち着いてきたし、東京のS君からもTwitterのダイレクトメールで同じように心配のメッセージを送ってくれたので、今の状況を冷静に伝えることができた。

そのような中で、主治医・センターのカウンセラー・私の再度の面談の日程が決まった。来週火曜日の午後である。

カウンセラーはどのような話を主治医にしようとされているのか、あるいは持ち掛けようとされているのかは分からない。ただ、私の今までのとっ散らかった、書きなぐりのメモなどを、お忙しい中、整理して下さっているようで、先日の「機能回復訓練」の提案の意図と併せ、おそらく何らかの「確定診断」(それも一生(余生の間?)付き合わなければならないようなこと)を求められているのではないかと推測している。

それに、その主治医との面談後は、上司と再び相談したいとのこと。面談の結果や内容によっては、私の雇用形態や職種を変えざるを得なくなってしまうかもしれない。悔しい限りではあるが、環境に適応できない状況がここまで深刻になってしまった以上、仕方のないことだと思い始め、「思い込もうとしている自分がいる。」

« 本当の「自分」が分からない | トップページ | リワーク(復職支援)プログラム第8週目 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/63883201

この記事へのトラックバック一覧です: リワーク(復職支援)プログラム第7週目:

« 本当の「自分」が分からない | トップページ | リワーク(復職支援)プログラム第8週目 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック