« リワーク(復職支援)プログラム第7週目 | トップページ | どちらも決めろ! »

2016年7月16日 (土)

リワーク(復職支援)プログラム第8週目

今週は、先週末の参○○挙での与○の勝利、木曜日のゲリラ豪雨、金曜日(日本時間)のフランスで再び起きた大規模テロ、そして今朝(日本時間)突発し事態進行中のトルコのクーデターなどと、胸糞が悪かったり、不安が強まったり、気分が悪くなったりするような出来事や事件が多発したが、思いのほか冷静で、気分としては非常に穏やかに過ごすことができた。

もちろん、震災以降、テレビの視聴や新聞の閲覧などができなくなってしまっているため、あまり直接的にそれらのニュースに意図的に触れないようにしているからではあるが、わりと「選択的に」それができるようになっている気がする。

それはたぶん、先週末に再面談することが決まって、取りあえず今の「自分」を受け入れようとする準備ができ、またその結果を自分が素直に受け入れることができたからだと思う。

その火曜日の主治医・センターのカウンセラー・私の再面談のことだが、全部で30分くらいの面談のうち、前半は私抜きでカウンセラーだけが面談し、後半は私が診察室に入って、カウンセラー同席のもとで面談を受けた。

前半の内容は全く伝えられておらず、カウンセラーがどのような話を主治医にしたのかは分からない。ただ、診察室の机の上に残された資料は、私が今までセンターで行ってきたことの日々の記録が書かれていたので、それをもとに話をされたのであろう。

私からは、この1か月くらい調子が戻らないこと、やはりセンターの認知療法などがしっくりこないこと、そして「自我がダブる」ことや「自我の境界線があいまい」というような話をした。

結果として、薬が追加された。朝1錠で用量自体も非常に小さいものではある。ただし、主効用は「○○○○症」であり、「うつ」にも効くことが最近分かってきたので、それにも用いられることがあるとのこと。これによって、私の「病気」はなんとなく推察できる。分かりやすい陽性症状はないが、たぶん「境界線上にはある」ということだろう。

このことで、完全ではないのかもしれないけれど、またぶり返すかもしれないけれど、ある意味吹っ切れた。

「豆腐メンタル」という言葉が一部ではやっているが、私もそのたぐいだろうとは思っていた。また、自分の境界線があいまいであるとずっと思っていた。しかし今は、ただの「豆腐」ではなくて、「凍み豆腐(高野豆腐)」みたいなものように思える。

凍み豆腐は煮物に入れると出汁を吸って膨らむ。私はそういう「出汁」のような「外界の刺激」を取り込み過ぎて、自己自体が膨らみ過ぎるのだ。だからそういう意味で境界線というか「輪郭線」はあいまいだ。しかし出汁(刺激)がなければ、ギュッと締まった固体。そしてこれが「本当の自己」なのだろう。

そういうふうに認識するようになって、確かに「本当の自己」を変革する必要はあるのかもしれないし、もっと厄介なこともあるのかもしれないけれど、そういった「難問題」については、今は憂鬱になるだけなので、取りあえず「箱に入れて放置・棚上げ」することにした。引っ越しの荷物と同じ。取りあえず前の住居から必要だと思って箱に入れて、新居に運んできたのはいいけれど、一度も開梱しないでいるような状態である。ずっと開梱しないでいるようなら、それはいらないものなので、後で捨ててしまえばいい。本当の「断捨離」とは、こういうことなのではないだろうか。今の行き過ぎた「ミニマリズム」を見聞きするに、「モノ」自体を捨てることが問題解決の本質だとは到底思えない、と漠然と感じていたことが、自分のことに置き換えることでよく分かった気がする。

そして「凍み豆腐」である自分自身は、もっと寒風に吹きさらされて、もっと固くなればいい。たしかに出汁が入ることで膨張し不安定になるかもしれない。しかし、中途半端に凍みているのでなければ、ひょっとしたら良い出汁を吸収して、それを自己を高めることに活用できるようになるかもしれない。

その場合の「寒風」は私の場合は何になるのかは、まだ分からない。今はそれを追究(追求)することはやめておこう。少なくとも今は、きちんとセンターに通うことだ。

昨日、カウンセラーとの面談でこのようなことを話した。カリキュラムの定時は超えていたが、一時間以上、私のとりとめもない話に付き合ってくださった。この場をお借りして御礼申し上げます。

そして問題の作業課題だが、半日の自主作業は今まで通りこのような「作文(書き物)」をして、残りの半日のアサーショントレーニング・認知トレーニング・SSTの時間については「事務作業課題トレーニング」を行うこととした。集計などの作業を、初めは少しずつはじめ、だんだんと並行作業とし、期限通りに進められるようになることを目標とするものであるらしい。ただし、グループミーティングについては、他の通所者の皆さんとのコミュニケーションを保つためにも、原則として参加することとした。

本当に久しぶりに気分が「フラット」である。取りあえず3連休であるので、火曜日からの訓練に向けて鋭気を養うべく好きな時間を過ごそうと思う。

※一部検索避けのため伏字にしています。この記事とは直接関係ないことや、認識の違いなどで論争になりたくないし、してもこちらがつぶれるだけなので。

« リワーク(復職支援)プログラム第7週目 | トップページ | どちらも決めろ! »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/63923804

この記事へのトラックバック一覧です: リワーク(復職支援)プログラム第8週目:

« リワーク(復職支援)プログラム第7週目 | トップページ | どちらも決めろ! »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック