« 報告終了・疲労困憊 | トップページ | 身辺整理 »

2016年8月11日 (木)

リワーク(復職支援)プログラム11・12週目@実家にて

これを書いているのは実家。暑い!リワークのお盆休みは今日から17日までで、昨日水曜日はいつも午前中で終了するため、午前中のSSTに参加してから最寄り駅で特急に飛び乗った。そのため、実家に初めてパソコンを持ち込む形になった。その代わり、ネット環境は全くない。だから、これを掲載するのも、ほかのページを閲覧するのも、すべて「ポケットWi-Fi」経由だ。速度が出ないのと(それでもダイヤルアップやADSLよりは早い)、データ容量と相談しながら(それを考慮に入れて1GBを追加予約しておいた)のアクセスである。携帯をiPhoneにしたときに、ない頭を振り絞ってポケットWi-Fiを契約したが、それが功を奏したことになる。えらいぞ、2年前の私。

ところで、プログラム自体のことはあまり書くことがない。ただ、GM、SST、集団認知にトレーニングは出席するようにすると前の記事に書いたものの、どれも出席すると急激に眠気が襲ってきて調子が悪くなってしまう。ああいうことに気付かなかった方がよかったのかと逆に思ってしまう。

SSTや認知トレーニングが集団でない場合は、半日を事務作業の訓練に充てている。一種の伝票集計作業である。始める前は、こんなことに何か意味があるのかと思っていたが、やってみると結構面白かったりする。また、「S曲線」ではないが、だんだん効率や正確性が上がったり、逆に下がったりするのも面白い。また、やっている場所がホールだったり、ほかの訓練生などが話しかけてきたりと、決して静かな環境ではないが、実際の職場も完全にシーンとしているわけではないし、作業中に話しかけられることなどしょっちゅうなので、そういうことも含めて「訓練」だと思うことにしている。

ただ、いちばん初期のレベルがまだ終わらない。一問一問にかかる時間がほとんど変わらないからだ。正確性は上がってきているが、たまに意識が遠のいたり、単純な記入欄の間違いをしたり、ということがある。今は、切れている集中力を取り戻すことを先決と考えよう。

今週の火曜日の午後は通院だった。先月処方された薬は、「離人症」的な症状にはかなり効果があったと自分でも思うが、とにかく入眠障害と早朝覚醒がひどく、この1か月間は平均4時間程度しか眠れなかった。また、おかしな夢を見たり、入眠時の意識がおかしかったりということがあったので、中止となった。そのかわり睡眠導入剤が追加となった。

ところで今週が12週目ということは、本来の計画どおりならプログラムは終了ということである。実際に私と同時に通所を始めた2人の方が「卒業」され、もう1人の方については職場との調整中。6月頃は、私よりも順調なのが妬ましく思って会話を避けたり、そのことで調子を崩したりしたが、今では素直に「おめでとうございます」と言うことができる。

この夏の帰省に当たっては、自分が必ずしも順調ではないことを親(特に母)にどう伝えるかが最大の懸念材料だった。母から切り出してきたので、一応、まだ休んでしまうことがあること、「発達障害」的な傾向があること、休職が延期になってしまったことを伝えた。

ただ、発達障害が「治る」と思っているところがあるので、それは難しいこと、それは育て方の問題ではないことは伝えた。しかし、そうだとしても、「うつ」を繰り返すことについては、育て方が何らかの遠因となっているだろうと、当然聞かれた。

しかたがないので、例のネット情報がきっかけで被虐の人と似たところがあることが分かったということと、自分が虐待を受けたという意識はないが、強いて言えば、父が発達障害的な言動をすること、それによって夫婦間で喧嘩が絶えなかったことが、遠因と言えば遠因だろうとだけは伝えた。母はそれを聞いてどう思っただろうか。

« 報告終了・疲労困憊 | トップページ | 身辺整理 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/64043647

この記事へのトラックバック一覧です: リワーク(復職支援)プログラム11・12週目@実家にて:

« 報告終了・疲労困憊 | トップページ | 身辺整理 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック