« 「バカになれ」とは | トップページ

2017年11月 7日 (火)

違和感の正体(多少毒を含みますので閲覧注意)

突然ですが、この場では話したことがないようなので、ちょっと叫んでみます。

「過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる」という言葉が大嫌いです!

いろんなところで聞かされてきた言葉ですが、そのたびに嫌な思いをし、この言葉が嫌いで嫌いで仕方がありませんでした。確かにそうだとは思う部分もありますが、違和感がぬぐえなかったのです。

カウンセラーや産業医などにも繰り返しその旨は伝えてきましたが、その理由を聞かれてもうまく説明ができませんでした。

もちろん、心の底にある「変わりたくない」という意固地が最大の原因でしょう。また、これを聞かされるたびに、自分の「過去」を全否定された気分になって、ただでさえ後悔ばかりで嫌になっているのに、ますます追い打ちをかけられた気持ちになるからということもあります。人に聞かれた時の取りあえずの回答はだいたいこんなものだったと思います。

ですが、今朝、Twitterのフォロワーさんとのやり取りの中で、はたと気が付きました。

つまりは、この言葉は、「他人にかけるべき言葉ではない」という単純なことだったわけです。

ここからは「レトリック」の世界になりますが、こういうことです。

こういう言葉を発する人は、だいたい、社会的に成功した人とか、あるいはそういう人が書いた著作などから知恵を仕入れた上司です。実際私の場合もそうでした。

この言葉の裏には、結局「こういう考え方で生きなさい」という隠れた「命令」があります。ここでちょっと考えてみてください。

自ら「他人は変えられない」と言っているわけでしょ?自己矛盾なわけです。

だからこういう言葉は、自分で気付いたとしても誰かに伝える(特に上の立場から)ことではないのです。せいぜい許されるのは、同じような悩みを抱えている人同士か、カウンセラー、精神科医くらいなものでしょうね。しかし、それも効果はあまりないと思います。

やっと「長年の宿題」が解けたような気がしています。

まあでも、そういう考え方しかできない人間になった結果が、こうなんですけどね。

« 「バカになれ」とは | トップページ

嫌いなもの」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515702/66015752

この記事へのトラックバック一覧です: 違和感の正体(多少毒を含みますので閲覧注意):

« 「バカになれ」とは | トップページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック