カテゴリー「趣味」の39件の記事

2011年11月13日 (日)

「勝田車両センター50周年ふれあいまつり」に行ってきた

Pb120086_2
昨日のことになるが、「勝田車両センター50周年ふれあいまつり」に行ってきた。

開場が10時ということで、しかも勝田駅から徒歩20分と結構距離があるので、早めに出かけて、9時10分過ぎくらいには到着できたのだが、すでに長い列が。その列が10時になる頃には、もう後ろが見えなくなるくらい長いものになっていた。

開場して真っ先に向かったのが、E653系。運転台で撮影会をしているのだ。Pb120026


まあ、自分の写真はどうでもいいのだが、運転台が見たかったので、企画が発表された時は楽しみにしていた。

Pb1200211


まあ、一応、ドヤ顔して映っているのが私。ただ希望者がやはり多いので時間が短く、じっくり運転台を眺めることができなかったが、運転台はこんな感じ。

Pb120023_2
「使用禁止」は何か非常時のものか。ワンハンドルマスコンは、一昔前のオートマチック車のシフトレバーのようで、結構小さいのに驚いた。

Pb120025運転台からの視界はこんな感じ。視界がこんなに高くて、死角が大きいので、何か進路に支障があった場合は、相当手前で気がつかなければ、間に合わない。運転士はかなりの緊張を強いられると思う。

E653Pb120027_3系の後ろには、485系改造お座敷列車「ゆう」があり、休憩所として開放されていた。

そのあとは、常磐線の誇る特急車両が一堂に会しているところを撮影しまくった。一昔以上前の2.2メガピクセルのO社デジカメなので、画像は荒いかもしれないが、こんな感じで、恰好よく、子どものように心がはしゃいだ。

Pb120078_2

Pb120070_2来年春にデビュー予定の新型特急車両E657系。結構精悍なマスクで恰好いいと思う。デビューが楽しみである。

Pb120083
ちなみに、写真が撮れる場所は、普段は構内通路であるところで、非常に狭い。人が多くて撮るのも大変だった。離れたところで撮ると、こんな感じ。これでもかなり人がはけた後だった。

そのほか、車両センターの歴史などを展示する写真展なども開催されていた。広い構内を隅から隅まで歩いた。結局、閉場時間まで会場にとどまった。気分が高揚してとても楽しいイベントだった。

家族連れが多くて、小さな子どもたちがはしゃいでいるのがとても微笑ましかった。子どもはみんな「でんしゃ」が好きなのだ。大変かもしれないが、鉄道会社は、将来の「お客様」のためにこうしたイベントを積極的にやるべきだと思う。

Pb120088ところで、特急車両展示のすぐ隣では、普段の業務を行っている。入出区する電車や清掃作業中の車両も見ることができた。この写真ではたまたま特急車両だけだが、いちばん左の651系には泣けた。

Pb120092前面のLEDは「スーパーひたち39号」、行先は「仙台行き」を表示していたのである。確かに39号は仙台行きだった。しかし先の震災で、常磐線は途切れてしまった。この表示は、車両センターの人の「サービス」だったのだろうか。そうだったとしても、常磐線はいつ復旧できるのか分からない状況であり、また復旧したとしても新型E657系のデビューで「仙台行き」はなくなってしまう。この車両が「仙台にもう一度行きたい」と言っているようで、何か切なくなってしまった。

2010年6月 4日 (金)

おかえり、ジェニーさん!

◆注意!◆ この記事は「精神的ブラウザクラッシャー」な記事です。耐えられる自信のない方はすぐに読むのをやめて、ブラウザを閉じるか、他のサイトに移動して下さい。

先日いろいろなページを見ていたら、こんな記事に行きついた。ファッションドール「ジェニー」の2年ぶりの復活である。

新製品は既にほとんど出されなくなっていて、2年前にはファンクラブ「ジェニーズクラブ」が突然閉鎖され、その頃にはもうこのまま終わってしまって復活はないと思っていただけに、元大ファンだった私は非常に嬉しかった。

「お人形」を収集するのは、もうほとんどやめてしまっていて、最近の事情には詳しくなくなっているが、あの頃「1/6ドール」と言っていたサイズのお人形に飽き足らなくなったファンや新たなファンは、「ブライス」やそれらより大きい「ドルフィー」の方に相当流れてしまったようだ。また、同じファッションドールである「リカちゃん」は、やはり子どもたちからのそれなりの需要もあるし、タカラトミーの「看板」であるだけに細々と続いているが、「ジェニー」シリーズは、「リカちゃん」と「ブライス」などの間をうまく埋められず、ずっと苦戦していた。

それが「満を持して」復活した。「新生」というので、主人公のジェニーさんがどうモデルチェンジ(変身)したのか非常に気になったが、中断前のフォトジェニックの「小顔」から、再び愛嬌のある「タヌキ顔」に戻った。私はこのタイプのジェニーさんが一番好きだったので、非常に嬉しかった。

フレンドも数人一緒に発売されるそうだ。まあ、以前のフレンドとどういう関係になるのとか(逆に今までのフレンドはどうなるのか)、以前のフレンドの誰かに似ていたり、ジェニーそのものに見えたりと、突っ込みどころはあるが、基本的に顔の金型は数種類しかなく、後は手作業の描き分けだけだから、それも仕方あるまい。

考えてみれば、私がドールにはまったのは、ちょうど前の休職の頃。寂しさと変身願望の強さから、お迎え始めたのがきっかけだ。結果的に100人を超え、ジェニーさんたちには非常に可哀相な状況になっている。

正直、新生ジェニーさんをお迎えし、ひいてはタカラトミーを応援したい気持ちはある。しかし、ここは我慢をし(ずっとできるかは自信がないところもあるが)、元大ファンとして、これからのジェニーさんたちの活躍と、みんなから愛されることを陰ながら祈っていきたいと思う。

2010年5月30日 (日)

「ハートキャッチプリキュア!」第17話 

すごく久しぶりに「ハートキャッチプリキュア」を最初から見ている。だから、「月影ゆり」さんこと「キュアムーンライト」のくだりは全く分かっていない。今回の話は分かるのか?

・つぼみがこんなに瞳キラキラって面白い。だけど結局、えりかにひっぱりまわされるw

・晩餐館のCMは「共食い」。煮込みハンバーグのCMは、なんか数年前の「3の倍数と3がつく数字の時バカになる」のギャグと同じですね。20日から29日まで10日間連続でハンバーグ>ゲプ

・おばあちゃんは、うまいことゆりと二人を引き合わせて、同じ行動をするように仕向けたんですね。

・聞いただけでおいしそうな大福です!

・プリキュアとして強くなること以外に大切なこと。なんか大人でも答えに困る命題。

・何のために戦うのか、何のために大福をおいしく作るのか。確かに人に認められるためではないね。。。。。何のために仕事をするのか>自分

・強くなってきたって敵が認めてどうするw

・食べ物を粗末にしないw!最近は食べ物を使ったギャグの後で「あとでおいしく頂きました」というのが定番になっていますが、これはうそだと思う(視聴者はそれを見ていないし)。

・ゆりが二人を認めた。最後の態度は同じだけど。

・評価は後から付いてくるもの。。。自分は結局そこまで仕事していない。こういうことにいちいち反応している時点で、まだまだということ。。。

・番長?クモジャキーと合わせてなんか、「吼えろペン!」とか「アニメ店長」とか思い出した。

初めの頃はあんなに好きだったのに、今は楽しめないな。作品の問題ではなく自分の問題。

2010年5月16日 (日)

さぁて、先週の「さらい屋五葉」は?

先ほど、録画してあったのを見た。短いシリーズだが、「五葉」の始まりの時のエピソードを絡めて、どんどん登場人物を掘り下げていっている。望月監督は、どこに帰着点を持っていこうとしているのか、非常に興味がある。続編を考えているのだろうか。

私には、「江戸患い」の「政」の状態が非常によくわかる。というか、私は「政」そのものだ。悪いことには、幸いにも手を染めていないが(笑)、自分の行くべき道を見つけられず、結局、心身の状態を狂わしてしまっている。

ところで、MOKA☆さんの音楽は冴えわたっている。それまで「時代劇」というフィールドは未知だったはずなのに、このドラマへの「息づき」方は半端ではない。そして今回、満を持して、MOKA☆さんのコーラス曲が終盤に流れた。MOKA☆さんの透明な声は、登場人物の感傷を上手に救って(掬って)くれる「子守唄」のようだ。サントラ盤は発売されないのだろうか?「五葉」の音楽世界の全容を知りたいものだ。

2010年4月18日 (日)

ノイタミナ「さらい屋五葉」

今までフジTVのこの枠のアニメは見たことがなかった。今回、MOKA☆さんがサントラを創ったというので、見てみることにした。平日の深夜枠で、翌日のこともあり起きているわけにもいかないので、録画した。

感想だが、何と言ったらいいのだろう。普段の私の嗜好なら、「MOKA☆」というキーワードがなかったら、敬遠していたところだ。しかし、その版画のようなタッチの描画と、独特な謎めいた雰囲気に飲まれ、繰り返し繰り返し鑑賞した。

主人公の「政之助」の気弱さと、しかし、とにかく浪人なれども「武士」だというだけのちっぽけな「矜持」が捨てられない、という性格は、なんだか私自身を見ているような気がした。

人間、なんらかの「矜持」(「自尊心」と言っても良い)がなければ、生きていけないとは思うが、あまりにそれに縛られていると、そこから抜け出せなくなって、しまいにはその「矜持」すら何だったのかが分からなくなってしまう。頭では分かっているつもりで、ここにも繰り返し書いてはいるが、ブレークスルーが見当たらない。

「五葉」のリーダー(?)である「弥一」は、それとは全く逆の性格だ。ただ、ふらりふらりと生きているように見えて、しかし何かに「絶望」しているような感じだ。

それに、弥一の冒頭の回想(と思われる)の中に出てきた、もう一人の「弥一」と、彼が仕える三枝家の養子で楓のやけどの傷のある「誠之進」。多分、主人公たちと何らかの関係がありそうな気がする。物語が重層化していて、原作を知らない私には、今後どのような展開になるのか、非常に気になる。

MOKA☆さんの音楽は、今回も冴えわたっている。バランス感覚が絶妙だ。本当に表現が貧弱で申し訳ないのだが、今までとは全く違う「和」の世界を、見事にスタイリッシュに仕上げている。しかも、劇の邪魔にならない。劇に集中していると、「ふっ」と空気のように存在感が消えてしまうような透明感がある。しかし、ちゃんと劇中の江戸の町に「息づいている」。

個人的には、政之助が用心棒を首になって、仕事を探しても口がなく、町をさまよっているうちに、弥一たちを初めて見かける時の音楽が好きだ。

いろいろと大変なことも多かったようですが、MOKA☆さん、お疲れ様でした。

「ハートキャッチプリキュア!」第11話 ショートショートインプレッション

・いつになくやる気なつぼみ。

・足が震えてる、、、細かい表現。

・えりかの前向きな考え方はいいね。ふだんあまり「前向き」が好きでない自分にも共感できた。

・顔面レシーブ!

・酒井くんも自信が欲しかったから、カンフーを頑張っていたんだね。だけどもう一歩踏み込めない。

・ハッピーセットのCMは本当にどうにかならないのかな。。

・嫌な奴ら・・・

・弟の方がデザトリアンにされるとは。。。 ちょっと意外だった。

・ヘッポコ拳法w

・あ、終了後のアイキャッチが変わった。

・・・なんか、ぜんぜんだめだな。自分のココロが本当に枯れてる。

2010年4月11日 (日)

「ハートキャッチプリキュア!」第10話 ショートインプレッション

もう10話なんですね。全体の2割進んだことになります。早いものです。

・やっと敵の目的が明らかにされました。でも、そろそろサソリーナさんも、(以下略)

・すべて「秘密」ですか。秘密が多すぎますっ! というか、不思議生物は何も知らないのでは?

・変身するのが好き、という言葉も新鮮。

・りんちゃん再登場!でもあらら、可哀相。

・この眼鏡のお方はだれ?ひょっとすると。。 (後記:もも姉のお友達でしたか。だめだね、全然よく見てないね) 

・イケメンって、敵が言うか!?

・マリンのめちゃくちゃ攻撃(爆)久しぶりに足ぐるぐる、という表現を見た。 しかし、毎回毎回いろんな技が出てきますね。

・変身が解けかけています。こういう演出もあまりなかった。

・なるほどね。。

・これから少しずつシリアスな路線に行くのかな。でも次回のサブタイトルは、今までとあまり変わらない。。

そういえば今回は、つぼみの古臭い言葉とか、印象深いギャグセリフがなかったなあ。毎回考える方は大変だと思うけど、ちょっと寂しいです。

2010年4月 4日 (日)

「ハートキャッチプリキュア!」第9話 ショートインプレッション

今朝見ていないので、録画したものを見ています。「いまさら感」はかなりありますが。。。

・なんと、大学教授から花屋に転身とは。お父さんの話をするつぼみのちょっと自慢げな表情がかわいい。

・やっとオープニングが通常に戻った。

・うわ、べたな出会い。そんなばかな。(これ、次のセリフを聞く前にタッチの差で書きました)

・本当に「べた」って言った!

・そのなぞなぞの答えは何?「とんかつの好きな犬とてんぷらの好きな猫の将棋対決で勝ったのは?」

・あれで、会話が成立するのがすごい。

・ようやく17人のキュアドールが発売になったんだ。全部そろえると、さあ、いくら!?

・えりかは鋭いな。

・繰り返しのシーンが寂しさを誘うね。

・おばたさんはコッペさまを何とも思っていないのかな。

・サラリーマンの悲哀だね。

・いつになくプリキュアがピンチ!

・えりかはKYのところはあるんだけれど、実のところ、つぼみよりは「大人」なんだね。

・最後の方は見入ってしまった。。。 で、なぞなぞの答えは?

・あれ、次回はもうそんな展開になるの!?

2010年3月29日 (月)

東京国際アニメフェア

先週水戸で会ったばかりのS君 を今度は私が訪ねる、という具合で、「東京国際アニメフェア」へ行ってきた。12年物の211万画素デジカメ(記録媒体は「スマートメディア」(死語))で、ほんの少しだけ撮ってきた写真を載せることとする。

P3280005例のごとく最大のお目当ては「プリキュア」。今週ようやく決めゼリフを決めたキュアマリンと、「その手は桑名の焼き蛤」と言葉がいちいち古臭いキュアブロッサムのお二人。ショーは撮影禁止だが、たまたま、小さなお友達(大きなお友達もいたけど)と一緒に写真を撮ることができる時間限定のコーナーの前に通りかかって、撮らせてもらったもの。

ショーはオープニング、エンディングのミニライブの後が圧巻だった。はじめは代わる代わる出てきた「オールスターズ」が、最後の最後に非常に狭いステージ上に17人全員が勢ぞろいして踊りだした。いや、ほんとにど迫力。

それにしても、こうやって見ると、今回の「ハートキャッチ」がいちばん「造形的」に着ぐるみ(中なんかいない!)に向いているような気がした。「フレッシュ」は等身が高い分だけバランスを欠いている。今回は4頭身半くらいなので、ちょうど良い感じなのである。

足が棒になるほど歩きまわったり、いろいろなショーを立ちっぱなしで見たりしたのだけれど、撮ったものが偏っているので、並べてみるだけにする。

P3280006 P3280008 声優がサインした番宣ポスターがほとんどであったオークションの出品物の中で、いちばん異彩を放っていたもの。鷲宮町は久喜市と合併するが、「かがみん」と「つかさ」は、引き続き新しい久喜市のマスコット市民になるのだろうか?

P3280009_2 P3280013_2 「ひだまりスケッチ」から「ゆの」が使用している目覚まし時計と「ブルータス」。「ブルータス」の裏には、阿澄さんと松来さんのサインで、よく見ると「吉野屋(30)」とあります。

。。。はい、写真はこれだけ。S君お気に入りの「夢色パティシエール」のショーも楽しかったし、こちらのショーも(ノリが)懐かしくて感無量でした。それにしても「バン○イ」は昔からああいう商売してたのですね(笑)。

結果的にはこの2週間、散財しまくりなのでした。。。

「アニメーション(animation)」とは元々「命や活気を吹き込むこと」を意味するので、

この国に「アニメ」とふ名の文化あり 命は絵のみに吹き込まるるにあらず

2010年3月22日 (月)

「コミケットスペシャル5 in 水戸」点描

今日も水戸へ行った。昨日とは打って変わって非常に穏やかな天気だった。

100322_1148180 ただ、昨日のつもりで自宅を出て、水戸駅からバスに乗って、11時40分頃水戸芸術館前広場に到着するも、「最後尾は三の丸庁舎になります」とのこと。結局元来た道を約1キロ戻るはめになった。三の丸庁舎にもすでに長い列ができていた。

そのあとはスタッフの方々の誘導で、一定の固まりごとにぞろぞろと芸術館へ向かった。芸術館に戻ってきたのは12時20分頃。ここまでで40分かかっているが、それほど「待っている」という感覚はなかった。動かない長い列は、待たされる人間にとって、それだけで気が滅入ってしまう。少しでも前に進んでいれば、例え長い距離を歩いていても、そして結局は同じ時間だったとしても、感覚的に気分が違うものなのだ。トラブルなく整然と大勢の参加者をさばくスタッフの方々の計画力と実行力、そしてご苦労に本当に頭が下がる。

会場には入れたのは、12時50分頃。展示スペースが始まる2階は、もうごった返していて、なかなか前へ進めない。でも、お目当てだった、私の好きなアニメを扱ったサークルさん(寂しいことに2サークルしかなかった)の本はしっかり買うことができ、少し談笑も出来て、そこでほとんど目的が済んでしまった。それでも会場には14時半頃までいた。本当に何してたんだろう(苦笑)。

100322_150101 100322_142531 即売会会場は元は百貨店だったところで、通りの向かい側に移転してからずっと空きビル。4年も眠っていたビルは、階段は埃ですすけ、また、出口になっていた1階部分は、食品冷凍ケースやPOSレジがそのまま放置されており、会場の賑やかさとは対照的な物悲しさを誘った。建物とは、使わなくなると急激に劣化するものだということが良く分かった。実際、今回のイベントは「街おこし」がテーマでもあるので、水戸市も積極的に協力しているが、新聞の地方版によれば、この眠ったビルを使えるように再整備する(電気、水、消防設備等)のに、非常に苦労したという。

それからは、水戸駅までずっと歩いた。昨日、面白そうなものに目星をつけていたので、それを確認しながらである。

まずは、各商店の店先に飾られた協賛社(者)からのお祝いの花飾り。これだけで通りが本当に明るくなる。そこに添えられたメッセージボードは、大抵は「開催おめでとうございます」といったものなのだが、中にはこんな冗談のようなものも多数紛れ込んでいて、一つ一つ確認するのが面白かった。

100322_150408 E531系普通列車のグリーン車に乗る方は後750円が必要、ましてや特急に乗る方は自由席で1,810円が必要です。

100322_151320 驚いたことに、亡くなったはずのコミケ創始者米澤氏からも。但し、あくまでも「故」ではなく「前」である。また、会場のいたるところで米澤氏の「たずね人」の張り紙があり、スタッフや参加者が、日本のPOPカルチャー界に偉大なる足跡を残した氏を尊敬していたことはもちろんのこと、いかに慕っていたのかが偲ばれた。(しかし、一体誰がこんなことを思いついたのだろう?)

100322_150942 昨日少しここで触れた魚屋さんの店先。やはり「カレーつくってみました」の張り紙は、小さいながらもインパクトが大きかったようで、今日は右側に「twitterで話題になったらしいので」とさらに意気込み、「シーフードカレー」の張り紙。下に「※昨日はポークカレーでした」の添え書きも楽しい。

100322_153912 これも昨日触れた写真屋さんの店先。普段なら結婚式やお見合い写真の見本が並ぶのに、レイヤーの写真が飾ってある。ただ、「ようこそ!!」の下には申し訳程度に2枚だけ本来の写真があるのも、なかなかしゃれている。(実はうっかり見過ごして、これを撮るためだけにもう一度駅からここまで戻ってきたというオマケ付き)

100322_1515350_2 「痛車」を発見。実物を間近で見たのは初めてである。他にもあったのだろうか。

100322_151906 オマケ。まさか「アニメイト」で「カレー」の幟を見ることになろうとは。

かように、「非日常」が「日常」のいたるところに紛れ込んでいる光景を見るのは、本当に楽しかった。街の皆さん、スタッフの皆さん、参加者の皆さん、本当に楽しいイベントをありがとうございました。

明日からはまた普通の「日常」が戻る(私も)。本当の「街おこし」はこれから。でも、こうしたイベントが何かの「種」になって育っていくことを願う。

水戸の街に一陣の「萌え」の風吹けり 街おこしの種 芽吹かむことを

・・・かなり字余り。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

最近のトラックバック